Ubudの重鎮!伊藤さんの誕生日パーテーナイト!!ウブドTV-Vol.11での裏話|和るんあんかさから生配信!

ウブドTV

バリ島ウブドから現地の生情報を伝える。

YouTube生配信チャンネルウブドTV

和るんあんかさから、ゆる~くお届けしています。

さ~今回の配信は、バリ島ウブドでは知らない人はいない、ウブド在住の伊藤さんの73歳誕生日を祝いました。

もう何十年も住んでいるので、ウブドの色々な話、昔し話など多く知っています。

で、お祝いの場面でも、MCコテツが感謝のメッセージを伝えていました。

伊藤さんが居なければ、あんかさはなかったと・・・😢

その場にいた私含め、ジワル一場面となりましたね!

 

で、バリ島ウブドニュースから始まり、私が持ち込んだデンパサールのBajra Sandhiモニュメントを空撮した様子、MCナナのバリ島にまつわる話し(バリ島の妖精ウォン・サマール)の話となった生配信でした。

 

ではでは早速、2分ぐらいお付き合い頂いて、現場の雰囲気を感じてください👍

 

 

ウブドTV-Vol.11まずはウブドニュースから

まずは、ニュースと言いますか~MCナナが持ち込んだサンビロトって言うお茶。

飲んだ後の皆のアクションを見て、手をたたいて笑うMCナナがそこにいました(笑)

ウイルス予防にいいとされていて、バリ島でもサンビロトは流行っているそうです。

 

MCナナによると、SARSが流行ったときに、タイではこのお茶が効果があったと話題に!

その事から、コロナにも良いのではないかと、バリ島でも話題になっているようです。

【詳細】
日本名:カルメグ
インドネシア名:サンビロト
中国名:センシンレン(穿心蓮)
インド原産、インドネシアなど東南アジアで野生栽培されている。
ウィキペディアの執筆者,2018,「センシンレン」『ウィキペディア日本語版』,(2018年12月23日取得,https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%83%B3&oldid=71045408).

でもね~ホントにね~めっちゃ苦いんですよ!サンビロト茶

何かバリ島では、痩せるお茶としても言われているみたい・・・飲んでみようかしら🤔❓

しっかし、アラックもビンタンも不味くさせてしまうサンビロト強者です。

その後数分間は、MC陣のしかめっ面が続きましたとさ(笑)

 

で、ウブドニュースに入るんですが、いっつもニュース拾ってきてね?って言ってるのに~

まさかのニュースが無いって言う皆さん💢

 

ってことで、私がSUNBATH Jewelryオーナーのマヤちゃんがニュースで紹介された話をしました。

今のバリ島の状況を、スーパーJチャンネルでインタビューされ、レポートしたお話し。

クラウドファンディングを立ち上げ、バリ島のため、職人のために奮闘しているニュースを伝えました。

そのニュースはこちらから
“楽園”バリ島 観光客が消えた…日本人店長の決断
※今はサイトから動画が削除されてしまいました。

 

で、次はMCコテツの野球の話で盛り上がってましたが、他のMCとの温度差が、相変わらず大きいって言う・・・

 

MC陣による持ち寄り動画~今回は?

今回の内容

1.MCコテツ:Jlプリアタンパサール前から
2.MC大原:また凧動画(笑)
3.MCナナ:人のいなくなったテガラランライステラス
4.MCシデ:デンパサールのモニュメント

相変わらず、思案者が車からの日常動画(笑)、でも皆さんには評判が良いようで👍

隊長は、またまた凧を撮ってきた😑

ナナは、人がいなくなったテガラランをレポ!

ほぼお店が開いていない状態で、ナナ自身も、初めて下まで降りたって言ってましたね。

私もドローン持って、今度取材してこようっと!

で、私はデンパサールのバジュラサンディ記念碑をドローン空撮してきた様子。

YouTubeに高画質でアップしたので、こちらでも見て下さいね。

まるで要塞!?バリ島デンパサールのモニュメントレポ|View from BAJRA SANDHI MONUMENT RENON DENPASAR BALI|DRONE VIEW

 

今回の配信のメインイベント!伊藤さん登場!

1:43:00辺りで伊藤さん登場です。

ロウソクの灯りを消した後、MCコテツからのあいさつで、20数年前コテツさんに伊藤さんが面白いと興味を持ち、その事から今のアンカサがあると話がありました。

2020年7月25日で73歳となり、ウブドに20年以上住み、70歳の時にはウブドラジオメンバーでアグン山登頂の話し、80もしくは75歳でもう一度登ろうという話になりました。

MC大原と伊藤さんとで、いつもどんな話をしているか笑いに包まれた時間となりました。

流石ウブドの重鎮!貫禄が違いますね!私も伊藤さんの様になれたらと思いました。

バリ島の宗教に関してのガイドブックも、お持ちいただきました。

 

MCナナのバリ島にまつわる話|ウォン・サマール〜バリ島の妖精〜

2:02:10辺りから。

【内容】
✅ウォン・サマール〜バリ島の妖精〜

バリ島には、人間が生活している世界とは別の次元が存在すると信じられている。

そこは、ウォン・サマールという妖精達の世界だ。
“ウォン・サマール"とは、"目に見えない人間"の意味である。

彼らは、人間界の川を通り道としていて、魚は彼らの家畜なのだそうだ。

そして、彼らの世界は人間界より進んでいるという。

彼らは一見、人間と同じだが、よく見ると、彼らには、鼻と口の間の縦溝の人中がない。

また、彼らの間にはレベルのようなものがある。

上級のウォン・サマールは、よく人間界の市場などの人混みの中に隠れていると云われている。

下級のウォン・サマールは、悪戯好きだ。

もし、あなたが家などで失くし物をしたら、それは彼らがちょっと借りているだけなのかもしれない。

また、子どもを誘拐することもあるが、すぐ戻してくれるのだそうだ。

人間界を訪れるウォン・サマールは、人間と交流することがある。

有名な話が、ウブドのチャンプアン川の上に建っている学校でのことだ。

これは、後でわかったことだが、あるクラスにウォン・サマールが生徒として紛れ込んでいたという。

ウォン・サマールは、まるで以前からずっと生徒だっかのように振る舞い、クラスメイトも先生も疑わなかったそうだ。

数日が経ち、不審に思う者が出始め、放課後、ウォン・サマールの跡をつけると、河原で姿を消したという。

ウォン・サマールは正体を見破られた為、その後、二度とそのクラスに来なくなったそうだ。

逆に、彼らの世界を訪れる人間もいる。だが、あちらから戻ってくると、ほとんどの場合、命を取られてしまうという。

次の話は、昔、あるバリ人男性に起こったことだ。

彼はウォン・サマールの世界を訪れ、気に入って、足繁く通った。

そのうち、彼はウォン・サマールの世界の女性と恋に落ち、あちらで結婚した。

結婚報告などでこちらに戻ってきた彼は、しばらくして亡くなってしまう。

そして、彼の火葬式は無事に終わったかのように見えた。

ところが、ある日、亡くなったはずの彼と彼の親族が偶然出会い、事情を訊くと、彼はこう語ったという。

火葬されたのは、自分ではなくバナナの木だったこと、そして、今はあちらの世界で生活していることを・・・。

身近に起こり得る話もある。
あるバリ人男性が、川で釣りをしていた時のこと。全く釣れないので、悪態をついた。

すると、川の中から拳が突き上がり、男性を殴ったそうだ。

これは、男性が横柄な態度で、ウォン・サマールの家畜である魚を手に入れようとした為だという。

彼らは人々の中に上手く溶け込んだり、悪戯をしたりして、人間と接触している。

もしかしたら、あなたも既に何処かで出会っているかもしれません。

 

ここで注釈です。(Comment here)
ウブドTVで流すバリ島にまつわる話しについては、MCナナによる視点と、スリヤからの話をまとめて動画を作っています。
ですので、この話しに関しては、色々ご意見もあると思いますが、伝説的な話も混ざり、尚且つ地域によっても話の伝わり方が違います。
温かい目で見て頂けると幸いです。

バリの話は様々な形で言い伝えられ、これもその中の一つの説である。
The Bali story is handed down in various forms, which is one of the theories.

【出典元】
ida bagus ari surya buana bayu temaja(通称スリヤ)
MCナナ

by ウブドTV

 

ウブドTV的まとめ

さ~今回の配信も、盛りだくさんでお届けできたと思います。

73歳を迎えた伊藤さんにも長生きして頂いて、ウブドの移り変わりを、これからもずっと見守っていってもらいたいですね?

良くも悪くも、時代の流れに沿って環境が変わっていくウブド。

そんなウブド、私も含め皆さん大好きな場所だと思っています。

 

ではでは、アーカイブを張っておきますので、お時間のあります時にでも、ご視聴宜しくお願い致します。

ウブドTVをチャンネル登録、グッド評価もして頂けたら、とても嬉しいです!

チャンネル登録👉https://www.youtube.com/c/UBUDTV-from-angkasa

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  ボチッと応援!シデが喜びます!
にほんブログ村

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます