らっきょが突然に!?

 

バリ島で、ドローンを飛ばしている Hideyuki Okada(@oharr1) です。

 

今回はドローン飯編で、突然らっきょが食いたくなったお話です(笑)

2分ぐらいお付き合いいただけたら嬉しいです。

 

シデ
最初は、痩せ菌を増やすと言われる酢玉ねぎを作ったんですよね?

 

そしたら食べているうちに。。。何故か突然らっきょが食いたくなっちゃったんですよ~!

 

突然らっきょが食いたくなった

 

バリ島にはない食材

突然らっきょが食いたくなっても、らっきょ自体バリ島にはないんでね?

は~さてどうすればいいんだろうか?

しばらく。。。考えていたんですよ~ ( ̄~ ̄;) ウーン

 

そしたら、パッと思い浮かんだ! 頭の中に!

バリ島にはバワンメラ(小粒の赤たまねぎ)があるでね~の!

同じような形だし。。。仲間だろうし。。。いけるんじゃね??

って思った次第でございます(笑)

 

バリ島の代表する食材バワンメラ(小粒の赤たまねぎ)

 

さっそくパサールへ買い出し

ってことで~日曜日の朝、近くにあるパサール(市場)へバワンメラを買い出しに!

バリ島の朝市の雰囲気って、やっぱ好きだわ~!

野菜、肉、フルーツetc.

色んなものが揃っているんですが、ぷら~っと見て歩くだけでも楽しいんですよね?

中には、日本にはないような食材もあったりして!

っで、まずはお試しだから500g程度で良いだろうと、早速買ってきました。

 

私が住む近くの朝市の様子

 

バワンメラ~皮むきのコツ!

ではではさっそく、皮むきの時間です。

バリ人的には、一個一個皮を剥いているようですが。。。

量が量なんで、一個一個じゃ時間かかってしょうがないってことで、皮むきの時短を考案!

 

それは~数時間バワンメラを水に浸けておく!

そうすると。。。あ~ら不思議!奥さん!

皮がとっても簡単に剥けましたね~💗 (/ω\) ハジカシー

中々日本では、ちっさい赤たまねぎを大量に剥くことはないですが、ニンニクあたりでも使えるかもね?

 

剥き終わった後のバワンメラ(赤たまねぎ)

 

さっそく酢漬けに挑戦!

酢漬けの材料は、野菜(バワンメラ)、お酢、砂糖が一般的です。

普通の玉ねぎを酢漬けにするときは、グラメラ(ヤシ砂糖)を使ったんですよね?

ただ、色味が茶色くなってしまうので、どうなのかなっと?

正直あまり使いたくはなかったのですが、今回は普通の砂糖を使う事としました。

 

今回使った材料

  1. バワンメラ(赤玉ねぎ):正味400g
  2. お酢(米酢):180cc
  3. 砂糖(または蜂蜜):70g
  4. 塩:小さじ1杯程度

※蜂蜜は、大先輩からの助言があり深い甘みが出るとの事!

 

沸騰したお湯に、バワンメラを入れて10~15秒くらい湯通ししてザルに開けます。

調味料の2・3・4を鍋に入れ、グツグツとに煮だたせます。

ボールにバワンメラを入れ、アツアツの甘酢を一気に流し込めば完成!!

 

茹でたては、どす黒い紫色していたんですが、甘酢をかけると綺麗なピンク色に!

こりゃ~色的にも可愛いし、普通のらっきょより見た目が鮮やか!

 

なんか~女子にウケそうな食べ物になりましたよね!

 

色鮮やかなバワンメラっきょ

 

まとめ

最後に、バリ島ではらっきょはないので何て呼んだらいいか悩みましてね?

SNSで名前を募集したところ。。。

命名 「バワンメラっきょ」となりました。

「ルビーオニオン」って洒落た名前も頂きましたよ!

欧米人にもらっきょ漬けはウケが宜しいようで、英名で販売するならこれかな?

皆さん(人”▽`)ありがとう☆ございました!

 

シデ
これからも、無いものは自分で作る精神で頑張りやす!

 

あっ!バリ島在住者に限りますが、オーダーも受け付け中ですよ!

DMはこちらから >> Hideyuki Okada(@oharr1)

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村   ボチッと応援!シデが喜びます!

この記事を書いた人

Hideyuki Okada

バリ島に2013年から移り住み早数年!
ようやくたどり着いたドローンの世界!プロフェッショナルな操縦士になるために日々勉強中です。
時々ミラーレスで撮った画像を紹介しつつ、料理も得意なのでバリ島での自炊生活、グルメなども紹介していきます。