ジャティルウィライステラス(2012年ユネスコ世界文化遺産登録)inバリ島

空撮で見える景色

シデ
どもっ!
バリ島ウブドで、DJI-MavicAirを使いドローン空撮を楽しんでいます。

ここからは、私オランドローンShide(@oharr1)が綴っていきます。

2012年、ユネスコ世界文化遺産に登録された場所がバリ島にあります。

「ジャティルウィライステラス」

 

壮大な棚田が魅力のジャティルウィライステラス、多くの観光客が訪れる場所。

世界的にも珍しい、スバックと言われる水利システムが有名です。

そんなジャティルウィライステラスを空撮してきたので紹介しますね!

シデ
ここの棚田はすでに有名ですね?

バリ島には沢山の棚田がありますが、ジャティルウィライステラスは世界文化遺産に登録された景勝地です。

テガラランライステラスは、なぜ登録されていないかが不思議ですが・・・

 

テガラランでドローンを墜落させてしまった記事はこちら👇

 

2分くらいで読み切れると思いますので、お付き合いくださいね。

 

まずはジャティルイの行き方と詳細

ウブドからだと約50キロ、Jl. Buahanに入り北上していきます。

ングラ・ライ国際空港から、または南部からの場合も約50キロ、Jl. Batukaruを北上してジャティルイへと向かいます。

 

途中ペナタハン温泉というバリ島でも数少ない温泉がありますので、早めに出て温泉に浸かってから、または帰りに寄っても良いかもしれませんね?

 

さて、ジャティルイライステラスへ近づくと、村の入り口で入村料を払って入村します。

そこで通常Rp30,000、KITAS保持だと半分のRp15,000を払って入村します。

ジャティルウィライステラスへの行き方と詳細は以上となります。

あとは地図を見て確認してください。

 

 

2012年にユネスコ世界文化遺産に登録された棚田?

2012年ユネスコ世界文化遺産に登録

ユネスコ世界文化遺産に登録されたと言っても、ライステラスが登録されたのではなく、バトゥカル山のふもとに広がるスバック景観の一つが登録されたと言っても良いでしょう。

詳しくは、少し長々しくなりますが、Wikipediaから引用して噛み砕いて説明します。

ただ調べて思ったのが、稲づくりに関して凄く真剣に取り組んでいると思いました。

 

「バリ州の文化的景観 : トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システム」

これらを用いたことで、ジャティルイは世界遺産に登録されました。

 

バリ州の哲学トリ・ヒタ・カラナとは?

サンスクリット語から来ているようで、意味は以下となります。

トリは数字の3
ヒタは安全、繁栄、喜び
カラナは理由

神と人、人と人、人と自然という三者の調和を重視する、バリ・ヒンドゥーの哲学だそうです。

スバックは、8~9世紀頃に高僧ルシ・マルカンディアによって初めて形成されたシステム。

流水の分配を意味するseuwakが語源となっているようです。

 

ただ、このシステムを調べているうちに、かなり運営に厳しいシステムだと思いました。

バンジャール(部落)やデサ(村)とは別に運営されていて、独自に土地税を徴収し、共同作業も義務化されているそうです。

 

棚田への水の取り入れの権利を保証し、紛争時には調停まで行うとのこと。

また盗水などの違反行為があった場合、厳しい罰則規定を設けているそうです。

なぜか一つの国のような気がしませんか?

 

しかしこの水利組織は、公平な水の配分を実現することで農民たちを守っています。

バリ州の棚田景観は、そうした哲学(宇宙観)や水利システムに支えされて維持されてきた文化的景観なのです。

 

ウィキペディアの執筆者,2017,「バリ州の文化的景観」『ウィキペディア日本語版』,(2017年1月11日取得,https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%90%E3%83%AA%E5%B7%9E%E3%81%AE%E6%96%87%E5%8C%96%E7%9A%84%E6%99%AF%E8%A6%B3&oldid=62611935).

 

ドローンを飛ばしていたらオネエちゃんが?

何も下調べせずにドローンを持って行ったのですね?

 

飛ばして数分・・・

オネエちゃんが寄ってきて・・・

Rp250,000ちょうだい?と・・・😱

 

最初はえ~って思ったけど、この景観を堂々と撮影できるんだから、ま~イィっか?って思いましたよ!

25万ルピア以上の成果はあったと思います。

ちゃんと領収書ももらえるので、業務で飛ばす方は経費で落とせちゃいます(笑)

 

今回の撮影の時は、刈り入れ間近という事もあって稲穂が黄色がかっていました。

田植え前の時期、水面に空が映り込む田んぼも最高でしょうね!

またその時を狙って行ってみよう!

 

 

次はトレッキングしながらアクションカメラでも撮影したい

今回はドローンと一眼での撮影だけだったけど、どうせならトレッキングしながら撮影もしたいよね?

この壮大なライステラスを歩きながら、人目線で伝えるのも雰囲気が伝わると思うし。

 

次は田植え前のタイミングで行ければそうしよう!

で、ドローンで空撮した映像と組み合わせて、再度編集したら・・・きっといい動画になる!

 

楽しみがまた一つ増えたわ~!

 

さっそくドローンで空撮した映像を見てくださいね

シデ
今回は棚田で有名なジャティルイライステラスへと撮影に出掛けてきました。

 

やっぱりね?ここの棚田の画像が沢山出回っているだけあり、空撮映えは最高でした!

気に入ってもらえたら、チャンネル登録を宜しくお願いします。

 

以上、ジャティルウィライステラス(2012年ユネスコ世界文化遺産登録)inバリ島でした。

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村   ボチッと応援!シデが喜びます!